排水管の水漏れにもつながっていく原因

排水管は、目につくところにはありません。ですから、壁が濡れていたり、臭いが出たりすることで問題が出てきていることに気がつくことも珍しくはないケースです。実際にさまざまな原因があり、水漏れにつながってくることが考えられます。原因を知ると対策も考えやすくなってくるのは間違いないでしょう。特にメンテナンスをすることによって避けられるような原因は、しっかりと対応していかなければいけません。

■異物がつまってしまう原因に

排水管は、設備によって太さが変わってきます。流れる下水としては同じとしても、途中までの経路は全く異なるものになっていることも珍しくありません。排水管が使われている場所として、トイレの詰まりは大きな問題になってきます。異物を落としてしまうというのは、大きな原因のひとつです。
トイレットペーパーを大量に流したりすることもありますし、本来流すべきではないものが流れてしまって詰まることもあるでしょう。こうした負担が配管にかかり、水漏れにつながってくることは考えられます。最近では、携帯電話のようなものを流してしまい詰まってしまうようなこともありますが、便器を外して対応するしかありません。

■破損してしまっている場合には大きな工事も

もっと問題が起きてくるのは、排水管の破損です。経年劣化が進み割れてしまうようなことも起きますし、排水までの間に隙間ができてそこから水漏れを起こすことがあります。異物によって破損してしまうようなことも起きますが、根本的に原因を取り除くためには交換するしか方法がありません。
大規模な工事になることも多く、簡単には修繕できないものになってしまいます。埋め込まれているようなものになると、掘り出して交換する必要が出てきますし、そのあとに復旧しなければいけません。単純に水漏れといった状況では済まないものになってしまうでしょう。工事としても時間がかかりますし、費用も掛かります。

■まとめ
排水管の水漏れにはさまざまな原因があり、それぞれ対応方法に違いが出てくるでしょう。メンテナンスをしていくことで予防できるものもあります。不注意で詰まってしまうことも、破損させてしまうこともあるため、予防はしっかりと行っていかなければいけません。不注意では済まないレベルの出費になることも出てきます。賃貸の場合にも修理しなければいけないようなこともあるため、異物に対しても十分に注意していかなければなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ