排水管の詰まりのトラブルから起きる水漏れ

排水管には、強い力が必要ないように傾斜をつけて自然と流れるように作られています。構造的にも水道管のような設計ではありません。水漏れのようなトラブルが発生するようなときには、さまざまな原因が隠れていることがあります。しっかりと確認していかなければいけませんが、定期的にメンテナンスをするといった確認作業をしていくことによって大きく発生する確率を下げられるようになっていきます。

■逆流してくることもある

排水管の水のトラブルでは、いくつかのパターンがあります。そのひとつが詰まってしまうということです。トイレなどの排水管は、かなり大きなものが使われていますが、他の設備はそこまで大きなサイズではありません。ここに異物がつまってしまうと、どうしてもトラブルを引き起こしてしまうことになります。
詰まってしまうと、排水管に負担がかかってしまいます。もともと自然に流れることを想定して作られているものであり、これが原因となって水漏れを起こすことは考えられます。排水の流れがうまくいかなくなってしまうことから、逆流もするようになってくるため、大きな問題につながることになるでしょう。臭いなどの問題も出てくるため、早急に修理しなければいけません。

■ひどいときには配管の交換も

トイレでも詰まってしまって水漏れを起こすようなときには、ラバーカップを使って押し流す方法があります。これは、圧力をかけて押し流してしまうことによって、つまりを解消する方法です。しかし、軽度なものでなければ対応はできないため、、重度になると専門業者での対応しか直すことができません。専門業者であれば、高圧洗浄機などの専用器具を使うことで解消できる可能性は広がります。
ひどい時には、排水管の交換といったことまで必要になってくるため、かなりの費用がかかるようになるでしょう。単純に水漏れといっても、原因によっては基礎の中にある配管まで掘り起こしての対応などもあるのですから、メンテナンスをしておく方が確実で出費も抑えられます。

■まとめ
排水管のほとんどは、見えないところを通しているのがポイントです。大きなトラブルになってしまうことも考えられるのですから、水漏れといっても大変大きな原因が隠れていることも考えられます。定期的なメンテナンスをしておけばよかったと思っても遅きに期してしまいますので、1年から2年に1度ぐらいのペースで検査を兼ねてメンテナンスをしていくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ